- 詳細情報 - 柚木道義(@yunoki_m)

政党 民進党 役職 衆議院議員
都道府県 岡山県 当選回数 2
市区町村/選挙区 4区 Twitter開始日 2010/02/16

外部ツールへのリンク

最新のタイムライン

  • 12月16日

    おはようございます^_^昨朝、朝街宣後、娘を保育園に送り、公務後、迎えに行ってから上京。今朝は8時から長妻議員らと勉強会スタートです!

  • 12月15日

    地元の連合定期総会で、私から民主党県連代表としては最後のご挨拶になるかもしれませんと切り出したら、会場がどよめきました。新党ありきではありませんが、今のままの民主党ではだめだという危機感をものすごく強く持っています。

  • 12月12日

    石破幹事長→大臣だったら間違いなく不信任。立派な政治家だと思ってただけにとても残念。かつ危険。戦争はいつも国民•国土を守る大義をかざして行われる。犠牲になるのは罪なき国民。安保は重要だか政治家は権力に謙虚であるべき。

  • 12月12日

    東京→岡山駅から山陽本線へ。最近、娘を保育園に迎えに行くと、同行のH秘書になついていて父より「Hくん!会いたかったよぉ!!」と大きな声で叫ぶ娘に、ちょっぴり寂しい父です。今日はどうでしょうか?

  • 12月11日

    12/12(木)山陽新聞に、「新世研」共同代表柚木みちよしの記者発表の記事が掲載されました。柚木みちよしホームページ(ピックアップ)でもご覧になれます。

  • 12月11日

    晩ごはん^_^

  • 12月11日

    超党派政策勉強会「新世研」・第1次提言を記者発表しました! 第1次提言は柚木みちよしホームページ(ピックアップ)に掲載しています。 是非ご覧下さい。→

  • 12月11日

    午後から東京→岡山→倉敷→東京😅往復とも強風でしたが、パイロットさん着陸見事でした^_^

  • 12月11日

    新世研•第1次提言表紙→今日中にHPに掲載予定。政策連携の先に政党連携がある。若手中心約100名の新世研メンバーや賛同頂ける方々と共に、新しい世代で新しい時代を創る決意で取り組んでいきます。傍観者でなく当事者として。

  • 12月10日

    →写真はあたかも新党「新世代」結成会見のようですが、私からは、昨日の既得権益打破の会も含め、政策連携の先に、政党連携の姿が見えるのであり、地にしっかりと足をつけて来年以降も政策連携の拡大•深化に努めたいと述べました。

  • 12月10日

    本日、新世研(新しい社会保障制度を確立し、世代間格差是正を実現する会)の第一次提言を記者発表しました。私も共同代表として冒頭に、これまでとこれからの取組につきブリーフィングしました。提言はホームページにアップ予定。→

  • 12月9日

    →メディアが報ずる、民主党が主体か、民主党の一部に維新、江田新党かの組合せか、は政策的連携の絵姿の先に自ずと見えてくると考えています。

  • 12月9日

    本日民主細野・維新松野・みんな江田各議員が共同代表の「既得権益を打破する会」が発足し、私も発起人として出席します。次世代型社会保障制度改革構築を進める「新世研」に加え、政策的野党連携を進める柱が行政改革だと思います。→

  • 12月9日

    →江田憲司議員はじめみんなの党議員から新党立ち上げ表明があった日で、記者さんが多く会場に来られてました。巨大与党に対峙できる受皿はどんな形であれ必要です。政策面での連携を進める中で、私自身もしっかり将来を見据えて関わっていく決意です。

  • 12月9日

    今夜は明日スタートの「既得権益を打破する会」呼びかけ人会合に出席しました。民主・細野議員、維新・松野幹事長、みんな江田議員ら3党から呼びかけ人が集まりましたが→

  • 12月9日

    これから空路上京。内閣支持率急落、野党連携など色々報道があります。私自身は重心を低くし、しっかり将来を見据えて、前に進んでいくつもりです。

  • 12月7日

    →今日忘年会に伺う中で、強行採決の経緯もしっかりご説明して回ります。法律施行までの間も、施行後はさらに、これまで以上に政府の動きに目を光らせていかなくてはなりません。

  • 12月7日

    地元の忘年会を回ってます。特定秘密保護法案については、特にこの2週間くらい地元に帰るたびに「柚木さん、特定秘密保護法案は絶対ダメよ!」と大変に多くの皆様から言われました。これだけ反応頂くのは、消えた年金問題以来で、それだけ国民皆様の不安や怒りの大きさを表していると思います。→

  • 12月7日

    →民主党対案は第三者機関の厳しいチェックや特定秘密を外交・安全保障に限定、報道や表現の自由を確保し、国民や未来の子供たちの知る権利を守る内容。我々野党が地力をつけ、政権再交代した時、この特定秘密法を抜本的に改めたい。以上

  • 12月7日

    特定秘密保護法案強行成立へのコメント「国民不在の暴走政治」 民主党岡山県連代表 柚木道義 国民の圧倒的多数が不安を抱き、強行採決に反対していた中、まさに国民不在の暴走政治だ。民主主義、国民主権の危機であり、国民が求めた「決められる政治」とはかけ離れたものだ。→

    その他の情報