- 詳細情報 - 大村秀章(@ohmura_hideaki)

政党 自民党 役職 衆議院議員
都道府県 当選回数 5
市区町村/選挙区 (東海ブロック) Twitter開始日 2009/12/07

外部ツールへのリンク

最新のタイムライン

  • 2時間

    愛鳥週間ポスター原画コンクール入賞者の皆さんと。

  • 2時間

    全国で63763点もの応募があった中からの受賞であり、心からお祝い申し上げるとともに、これを励みに今後も活躍して頂きたいと思います。なお、3点の入賞作品は、今後1年間、愛知県内で開催される環境のイベントなどで県民の皆様にご覧頂き、野鳥の保護に役立てて参ります。

  • 2時間

    午後4時から、日本鳥類保護連盟が主催した「平成26年度愛鳥週間ポスター原画コンクール」で環境大臣賞を受賞した名古屋市立大和小学校5年の小笠原にこさん、連盟会長賞を受賞した安城市立梨の里小学校3年の増田桜さん、瀬戸市立本山中学校1年の水野愛理さんに賞状と楯を授与しました。

  • 3時間

    続いて、自民党愛知県議員団の県土整備促進議員連盟、地場産業振興議員連盟の皆様から、順次、平成26年度予算における道路・河川・港湾・下水道の整備・促進と、陶磁器産業振興に対する要望を頂きました。いずれも重要な課題であり、しっかり受け止め、今後の予算編成の中で十分検討して参ります。

  • 3時間

    議会閉会後、自民党愛知県議員団の尾張東地区会及び尾張西地区会の皆様から、道路・河川・下水道の整備、災害対策の強化、産業振興などに関する「平成26年度当初予算要望書」を頂きました。いずれも各地域の重要課題であり、しっかり受け止め、今後の予算編成の中で十分検討して参ります。

  • 3時間

    わざわざお越し頂きましてありがとうございました。これからも、よろしくお願いします。": お疲れ様でした('jjj')/"

  • 6時間

    本日、12月定例愛知県議会が閉会しました。県営名古屋空港に隣接する国有地の購入費や第二青い鳥学園の整備費など13億9千万余円の一般会計補正予算案のほか、条例の一部改正など、提出した議案全てにご議決をいただきました。議会での審議経過を十分尊重し、適切に運用して参ります。

  • 8時間

    Facebookのアルバム「平成25年度_農地・水・環境のつどい」に写真を3枚アップロードしました

  • 8時間

    新しい写真をFacebookに投稿しました

  • 8時間

    新しい写真をFacebookに投稿しました

  • 21時間

    なお、設楽ダム建設事業は、巨額な事業費を要する大事業であることから、事務事業の合理化・効率化を図っていくことが求められます。今後とも事業のあり方、進め方等について、不断の検証が必要であると考えており、そうした旨を、国はもとより、関係方面に対して引き続き強く申し上げて参ります。

  • 21時間

    県の財政的な負担の軽減を図られたい、県内他地域における公共事業に進捗の遅れなどの影響を及ぼさないように取り組まれたい、水源地域を始め地域住民の皆様の生活再建対策に万全を期して頂きたい旨を回答させていただきます。今後、関係市町の意見を伺った上で、具体的な回答を取りまとめて参ります。

  • 21時間

    そうした数多くのご意見や県の財政状況、地域の抱える諸課題等の諸々の情勢を総合的に勘案させて頂き、今般、国に対し「設楽ダム建設事業の検証に係る検討報告書(原案)案」については、特段の意見はない旨と、合わせて、本体工事着手の際には、別途事前に協議されたい旨、さらには、

  • 21時間

    この間、愛知県議会、地元市町村、市町村議会を始め多くの皆様から様々なご意見を頂戴するとともに、12名の専門家の方からも、多角的な観点から幅広くご意見を頂きました。河川工学、利水、防災、環境、経済、行政といった多岐にわたる角度からの分析であり、大変示唆に富んだ、貴重なご意見でした。

  • 21時間

    本件に関しては、愛知県としても非常に重要な案件であり、専門家を始め多方面から多角的な意見をお聴きし、幅広く検証を行う必要があるとして、5月に意見を留保させて頂き、今日まで検討を積み重ねて参りました。なお、地域住民の皆様の生活再建対策については、国とともに万全を期して参りました。

  • 21時間

    夕方、「設楽ダム建設事業の検証に係る意見聴取」について記者会見しました。本件は、国土交通省中部地方整備局が、治水、利水、流水の正常な機能の維持の観点で総合的な検証を行って取りまとめた報告書案に対して、今年4月に愛知県に意見照会があったものです。

  • 12月18日

    愛知県地域婦人団体連絡協議会の皆さんに感謝状をお渡ししました。

  • 12月18日

    愛知県地域婦人団体連絡協議会様から、県内の障害児・障害者施設64施設へ液体せっけんボトル576本、詰め替え用369個の寄贈があり、感謝状を贈呈しました。昭和53年以降毎年続くこの活動も今年で36回目。長年にわたりご支援を頂き、誠にありがとうございます。

  • 12月18日

    愛知県私学協会及び私学経営者協会の石田会長、愛知県私立中学高等学校保護者連合会の岩田会長始め各団体の役員の皆様方がお越しになり、私学振興予算に関する要望を受けました。愛知の学校教育における私学の重要性を踏まえ、要望内容をしっかりと受け止め、今後の予算編成の中で検討して参ります。

  • 12月18日

    全国高校生英語スピーチコンテスト優勝の大橋知佳さんと南山高校の皆さんと。

    その他の情報