- 詳細情報 - 長沢広明(@nagasawa_h)

政党 公明党 役職 (元) 衆議院議員
都道府県 当選回数 1
市区町村/選挙区 (北関東ブロック) Twitter開始日 2010/01/31

外部ツールへのリンク

最新のタイムライン

  • 10年10月4日

    うつ対策に関して、地域の取り組みを調べに鹿児島に来ています。薩摩川内市から鹿児島市に移動中。保健師の不足は大きな問題。

  • 10年10月4日

    栃木県のドクターヘリの運用と課題について、独協医大を訪問して調査。課題がたくさん。県議とも今後の対応を話し合いました。

  • 10年9月30日

    第176臨時国会が始まった。午後からは首相の所信表明が行われる。補正予算の提出はいつになのか、景気・経済対策の基本方針をどう考えているのかなど、いまだにはっきりしない需要課題について、政府は国民に明らかにすべきだ。これまで回ってきた現場の声をもとに、しっかりと論戦に臨みたい。

  • 10年9月6日

    国土交通委員会で参院の初質問に立ちました。海上保安庁のヘリ墜落事故、ゲリラ豪雨対策、八ッ場ダム問題を取り上げ、現場に届く政治の必要性を強調。これからも地域の声をしっかりと国政に届けてまいります。

  • 10年8月24日

    お疲れ様です。また応援に行きたいと思っています。暑いので、体調に気をつけて頑張って下さい。

  • 10年8月21日

    昨日は群馬、今日は新潟と長野の議員研修会に参加。地方の景気は本当に厳しい。政権党は党内抗争に血道をあげている時じゃないぞ、と言いたい。

  • 10年8月19日

    歳費日割り支給へ向けて、まずは自主的に国庫に返納。完了しました。すっきり。

  • 10年8月19日

    栃木県の議員研修会に参加。地域医療再生計画の現状や地デジ対策、県予算の課題なと盛りだくさんの政策研修。真剣に学び議論する仲間の姿に感銘すると同時に、地域の声の届く政治の前進に頑張ろうと改めて決意しました。

  • 10年8月10日

    先の臨時国会で成立した歳費日割り法に基づいて、7月分歳費の31分の25を国庫に返納するため、国庫返納申立書を提出。庶民の目線からの改革を着実に実行していく。

  • 10年8月5日

    朝の国対会議から始まり、県代表懇談会、農水部会などに出席。参院予算委員会では山口代表、松副代表が質問に立った。政治家の監督責任を強化する政治資金規正法の改正に、全くやる気を見せなかった菅総理。山口代表のディベート力の高さが際立った。

  • 10年8月4日

    参院予算委員会が終了。総理、官房長官の答弁は、すり替え的な発言が多く、意味不明。もっと真正面から聞かれたことに答え、国民生活のために議論が前進するように取り組んでもらいたい。明日は山口代表が質疑に立つ。

  • 10年8月1日

    富岡市周辺の三支部合同で行いました。

  • 10年8月1日

    今日は群馬県で党員研修会に参加。皆さんが、次の戦いに向けて「やらんかな」の勢い。質問会や、懇親会にも参加して、楽しく有意義な1日でした。ありがとうございました!

  • 10年7月30日

    第175臨時国会召集。参院国会対策副委員長の大任を受け、ねじれ国会に対応することに。どこまでも国民の側に立って戦うことを改めて決意。久しぶりの国会で、やはり緊張している。

  • 10年7月24日

    千葉県本部の議員総会に出席。地域に信頼の根を張る現場の議員とのネットワークが大きな力。来週は国会召集ギリギリまで、千葉県を回る予定。

  • 10年7月20日

    正確には任期は26日からです。

  • 10年7月20日

    今日午前、総務省にて当選証書を受領。その後バッチの交付など一連の手続き。衆議院より参議院は、何かと手続きもかしこまっている感じで、緊張。決意も新たに。午後は群馬県でお世話になった方に挨拶。すごい暑さでした。

  • 10年7月16日

    新潟、長野での挨拶回りを終えて、帰途についた。景気対策を急いでほしいとの声多数。民主党政権は、本格的な議論をする臨時国会を9月半ばに開く方向とか。二ヵ月も先送りになるのでは遅い。政権の自己防衛が何より優先される政治感覚には全く呆れる。

  • 10年7月14日

    新潟に着。明日朝から挨拶回りの予定。この三日間、電話、メール、ツイッター上でのお祝いの言葉をたくさん頂き、感激です。感動のエピソードも多数届いています。喜ぶ顔がいっぱい浮かび、こちらも思わず笑顔に。さあ、仕事をします!

  • 10年7月11日

    午後8時すぎに当確の報!はやっ!感激!たくさんの方々の顔が浮かびました。公選法上の規定により、お礼を申し上げることができませんが、胸の中には感謝の思いがあふれています!これからまた頑張ります!

    その他の情報