- 詳細情報 - 北川あえ(@kitagawaae)

政党 役職 市議会議員
都道府県 岡山県 当選回数
市区町村/選挙区 岡山市 Twitter開始日 2009/12/08

外部ツールへのリンク

最新のタイムライン

  • 12年10月17日

    10月27日15:00〜。岡山ルネスホールにて、障がい者のアスリートチームが、自分たちの、オシャレや夢のドレスでランを歩きます。 多くの方に立寄っていただきたく、無料です。ツンクさまの、インスパイアに感謝します。

  • 12年9月19日

    10月27日の障がい者の方達のファッションショーは、ドリームスタイル岡山として、開催決定です。障がいを持っていても楽しくスポーツをしているアスリートの皆さんが、モデルですよ!アドバイスありがとうございました。

  • 12年7月28日

    今日は、大元学区のサマーフェス。12回目を向かえる。高齢化?なんのその。子供も大人も、熱く活動。街づくり?理屈じゃなくて、皆、動いてる。

  • 12年7月8日

    グアム島ハガーニャ地区の慰霊祭。第二次世界大戦終盤、米国兵がやってくる直前、日本軍により収容され傷つけられたグアム人の方々への鎮魂。グアムに住む日本人は、この時期辛い。 でも、生き残った女性が、平和の為にと、幼いころ教えられた「君が代」を慰霊祭の最中に、歌ってくれた。涙が出た。

  • 12年6月27日

    あえのブログを更新しました! タイトル: 六月定例市議会

  • 12年5月26日

    ポーランドにて、 「日本がんばれ」の文字。 ポーランドで、発売されたCDです。 優れた音楽家が何人かで、ショパンの作品を演奏してます。

  • 12年5月23日

    モンゴル、インドのミュージシャン、日本人ミュージシャンで、地元の学科や、ホールでコンサートをしています。小さなお客様を見つけました。 ここは、ベラルーシとの国境の街です。「国境のない若者フェスティバル」の意味が、深いです。

  • 12年5月22日

    ポランスキーは、ポーランド人ですが「戦場のピアニスト」広場に大勢のユダヤ人が集められているシーン。子供が、キャラメルを売りにきます。一粒、1万くらいの感覚。父は、一粒買い。家族のために、6つに分けました。それが、黄色い牛のキャラメル。

  • 12年5月22日

    ポーランド日本工科大学。日本のODAの成功例。初めは70名の学生が、第二次世界大戦の銃撃の跡が残る孤児院の軒先を借りて勉強し始めた。旧ソ連崩壊の後、法秩序も整って無かった。今は、自立し4千人の学生。NEWSウィーク私立大学ランキング上位。学長の名刺はカタカナで、ノヴァツキとある。

  • 12年5月20日

    わぉ!会長!視察?そうですね、個人なんて我々ないですもんね。勉強します!!“: ワルシャワ視察、お疲れ様です。そちらでも、あえ先生の本領を発揮して(国際感覚)宝の山を日本に、そして岡山市に持って帰って下さいね!!”

  • 12年5月20日

    ワルシャワ朝食。各国の人がいるが、日本人が少ない。明らかに東洋系でも言葉がわからない。旧ソ連や東欧とかに多くの蒙古斑の同胞がいることに、あらためて驚く。眼下にワルシャワ駅。低床バスと低床電車が、多く行き交う。

  • 12年5月20日

    ワルシャワに向かってます。お隣の席にナポリのピザ大会出場の日本人の若い職人さん。ここアムステルダムでお別れ。ガンバレ。 逆を考えると凄い。讃岐うどん大会にイタリア人職人が、技を競いに来てたら、驚き。 写真は、空港内ゴミ箱。分別でした。

  • 12年4月10日

    日本経済の勉強。講師は、経団連の副会長中村芳夫氏。 海外売上の伸び悩み。資金調達コスト上昇。国内市場縮小。生産拠点海外シフト。企業業績悪化。何なんだ!。 帰り道で、「マーガレット サッチャー」上映してた。思わず、入館し、魅入ってしまった。

  • 12年4月2日

    お忙しいのに、お返事をくださり、感謝いたします。“: 「笑顔がいっぱい」参考までに : 岡山インクルージョンのご報告です。

  • 12年4月1日

    RT @tsunkuboy: 「笑顔がいっぱい」参考までに : 岡山インクルージョンのご報告です。細川夫人のご許可をいただき、ツンクさまの曲を使わせていただけます。著作権とかありますので、曲名とか教えてくださいませ。お世話になります。

  • 12年4月1日

    岡山インクルージョンのご報告です。細川夫人のご許可をいただき、ツンクさまの曲を使わせていただけます。著作権とかありますので、曲名とか教えてくださいませ。お世話になります。“:”

  • 12年3月24日

    幼稚園の時、息子は、大きく成ったら「海イグアナになる」と言った。私は、海イグアナの母に成る決意をした。息子と二人、ガラパゴス諸島まで海イグアナに会いに行った。大学卒業した息子が、就職せず、ドラマーに成ると言ってる。「海イグアナ」。

  • 12年3月4日

    あえのブログを更新しました! タイトル:

  • 12年2月27日

    街づくりでは、其々思惑があり意識統一が困難。防災の下、住民は協調してくれやすい。“: 防災は地方自治の一部門ではなくなった。縦割り行政の横串であり、きわねて総合的なのに位置付けるべき。しかもその担い手として、団体自治ではなく住民自治の役割が問われている”

  • 12年1月23日

    被災地の廃棄物を日本の様々な自治体が受け入れるには、除染済みとか、安全性の確かさが必要だろうけど、政府とか、専門家とかに、市民、国民が不安感を持ってしまったのが、切ない。

    その他の情報